今年のお盆は、どんな乗り物を用意しようか…

こんにちは。さんぼんがわ どどこ です。

URLが変わりました。

↓↓↓

http://dodocosbg.webcrow.jp/

もうすぐお盆ですね。

検索すると、オリジナリティあふれる精霊馬の画像が、たくさん見られます。

昨年は、わたしも精霊馬づくりにチャレンジしてみました。

前回の反省を踏まえ、今年はどんな作品にするか構想中です。

今日の記事は、2016年8月19日に書いたものです。

↓↓↓↓↓ 過去記事 ↓↓↓↓↓

ご先祖様の乗り物である精霊馬。

急いで帰ってこられるように、馬に見立てたキュウリを

ゆっくり戻るように、牛に見立てたナスを

…ということですが、遊びごころ満載の精霊馬を見て、わたしも作ってみました。

おもむろに作り始めて、ふと思い出したこと。

子どもの頃から、絵を描くことは好きでしたが、工作は苦手だったなぁ…。

で、結果がこれ。

ひきこ森のどどこ:画像

遊園地の年代モノのゴーカートのような…

イケてなさすぎるヤンキー車のような…

なんとも奇妙キテレツな乗り物に仕上がりました。

転がすと前進しますが、すぐにタイヤが外れてしまう欠陥品です。

来年は、きちんと設計してから作ることにします。

これを見た娘が

「わたしも作りたい!」

と言って、作ったのがこれ。

ひきこ森のどどこ:画像

猫バスですね。ご先祖様、たくさん乗れそうです。

ところで、お盆に帰ってくるご先祖様って、何代前までなんでしょうか?

両親(2人)、両親の両親(4人)、両親の両親の両親(8人)・・・

ここまでで、すでに14人。

逆に、ご先祖様から見ても、大変じゃないですか?

仮に子どもが2人いて、それぞれに2人ずつ子どもがいたとしたら

子(2人)、孫(4人)、ひ孫(8人)・・・

ひ孫が法事を行う世代になっていたら、8軒は訪問することになります。

お盆3日間じゃ、忙しくないですか?

つらつらと、どうでも良さげなことを考えながら作り上げた、お帰り用の精霊馬。

お迎え用の馬と一緒に並べて、仏壇に供えました。

ひきこ森のどどこ:画像

3日後、送り火の日には

しわだらけのフニャフニャな物体

と化していました。

ご先祖様たちが、無事に帰ることができたのか、気になっています。

——————————————————

今日も最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加しています!
いつもポチしてくださるあなた、本当にありがとうございます。
初めましてのあなた、記念にポチしてくださると嬉しいです。
↓↓↓↓↓

Facebookページもどうぞよろしく♡

運が開けるかもしれない(笑)LINEスタンプ発売中です。

Lineスタンプはこちら

スポンサーリンク
広告336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336




error: Content is protected !!