天国でまた逢いましょう

こんにちは。さんぼんがわ どどこ です。

今月分の仕事が終わり、ぽけっとしていますが、ふと考えたら「確定申告」の季節なんですよね。

昨年は早めに準備して、初日に提出を済ませました。(えへん!)

あー。めんどいけどやらなくちゃ!

税理士さんにお願いできるくらい稼ぎたいものです。

お坊さんパーカッションをアリーナ席で観る

伯母の葬儀全般、知らないことや見慣れないことが多いものでしたが、告別式の座席の並びもそのひとつでした。

今までに参列した葬儀を思い返すと

ひきこ森のどどこ:画像

こんな感じだったのですが、伯母の通夜式・告別式はこんな感じ。

ひきこ森のどどこ:画像

わたしは故人の姪なので、本当なら一般席に着くはずなんですけど、なぜか母の隣りに座ることに……。

ひきこ森のどどこ:画像

その日は朝8時半の出棺のために、5時半に起こされて寝不足です。

お経を聞きながら眠くなったら恥ずかしいな……なんてことを考えていました。

やがて「導師様ご入場」のアナウンスがあり、3人のお坊さんがいらっしゃいました。

改めてよく見ると、お坊さんが着座されるところには、太鼓やシンバルのような「鳴り物」と呼ばれる仏具があります。

あれ、「シャシャシャシャシャーーーーーンッ!」って、かなり賑やかじゃないですか。

目の前だし、眠くなることはないだろうと安心していました。

ひきこ森のどどこ:画像

母に襲いかかる魔物

読経が始まって間もなく、隣りにいた母が深く頭を垂れました。

はじめは「泣いているのかな……」と思ったのですが、どうも様子が違う。

横目で見ると、寝ていたんですね。

目の前でド派手な鳴り物が繰り広げられているというのに!

母は前の晩ほとんど眠っていないので、無理もありません。

しかし、そのことを知っているのはわたしだけです。

前を向いている参列者に “姉の告別式で居眠りをする薄情な妹” と思われては気の毒なので、肘でつついて起こしました。

誰もが経験あると思いますが、睡魔に襲われているときってなかなか正気に戻れません。

ちょんちょんっと肘でつつくとハッとするのですが、またすぐにガクッと垂れてしまう母の頭。

「誰にも気づかれていないといいけど……。」

そんなことを思いながら前を見ると、従兄と目が合ってしまいました。

笑いをこらえて変顔になっていましたよ。喪主が。

ひきこ森のどどこ:画像

その顔を見て、わたしも噴きそうになってしまい、こらえるのに大変でした。

また天国で逢いましょう

こうして伯母を見送って、数人いた母の兄弟姉妹は、母と叔父だけになってしまいました。

やがて、わたしたち・子の世代が見送られる番になります。

そして次には、わたしたちの子や孫の世代が……。

生まれて、子孫を残して、死んでいく。

動物も植物もそのくりかえしは同じなのに、人間だけが大騒ぎしてしまうのは、「宗教観」があるからでしょうか?

わたしは(敬虔とは言い難いですが)クリスチャンです。

クリスチャンは「死んでも天国で再会できる」と教わります。

なので、「天国でまた逢いましょう!」という言葉を残して逝かれる方が多いです。

それは嬉しいことですが、家族や親戚の中でクリスチャンはわたしひとり。

そうなると、わたしは誰にも会うことができなくなってしまうのですね……。

キリスト教は一神教で、他の宗教儀式(例えば神社・仏閣を詣でたり、仏壇に手を合わせたりなど)は禁止です。

でも、実家は(こちらも敬虔とは言い難いですが)仏教徒です。

お盆やお彼岸には母のお供でお寺に行き、ひざが悪い母の代わりにお墓の掃除を手伝います。

伯母の葬儀では、心の中で伯母に語り掛けながら、形式的に焼香を行ないました。

クリスチャンとしてあるまじき行為かもしれませんが、知らん顔もできません。

で、ふと思ったんです。

神様って、そんなにケツの穴の小さい存在だろうか?

そんな疑問に、京都のお坊さんがわかりやすく綺麗な言葉(笑)で答えてくださった動画があります。

14分ほどのメッセージです。(TEDxKYOTO)

宗教の本質は「安心感」を与えること。

まったくです!!

この宗教観が浸透すれば、宗教がきっかけの戦争もテロ行為も、世界中からなくなることでしょう。

そして、不安を煽るだけのカルト宗教も、金儲け主義のオラオラ系スピリチュアル教祖も、きっといなくなるはずです。

——————————————————

今日も最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加しています!

コミックエッセイカテゴリー:26位/172人中(2018年1月17日現在)

いつもポチしてくださるあなた、本当にありがとうございます。

初めましてのあなた、記念にポチしてくださると嬉しいです。
↓↓↓↓↓

運が開けるかもしれない(笑)LINEスタンプ発売中です。

Lineスタンプはこちら

スポンサーリンク
広告336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336




error: Content is protected !!