表現として好ましくない……?

こんにちは。さんぼんがわ どどこ です。

わたしは「妖怪人間ベム」がとても好きで、TOKYO MX で始まったアニメの再放送を毎週楽しみにしています。

ひきこ森のどどこ:画像

画像出典:妖怪人間ベム50周年プロジェクト公式サイト

毎回楽しく見ているのですが……

ピー音がとても多い!

番組冒頭に、こんなテロップが表示されます。

ひきこ森のどどこ:画像

本作品は、1968年~TVシリーズとして放送されたオリジナリティを尊重し
極力もとの表現を維持した状態で放送しておりますが
今日では表現として好ましくない用語を使用している部分には修正を加えております。

なるほど、かれこれ50年前のアニメですものね……。

そこで気になるのが、あるお話。

セリフではなく、画像……いや、話の流れが気になる回があるのです。

その部分を削除することはできるのだろうか?

話をどうつなげていくのだろうか?

もしかしたら、話そのものが放送されないのではないだろうか?

そんなわたしの心配をよそに、堂々と放送されました。

しかも無修正です。

わたしの拙い絵で、問題の箇所を再現してみましょう。

舞台は、人里離れた山奥にポツンと建つ山荘。

夜更けに響き渡る男の叫び声。

どういうわけだか(山荘の?)床下に寝ていたベラさん。

ひきこ森のどどこ:画像

男の叫び声を聞いて、駆けつけます。

ひきこ森のどどこ:画像

そこには、背中にナイフを突き立てられた男の死体が!

ひきこ森のどどこ:画像

間もなく山荘のスタッフや宿泊客が駆けつけ、警察が呼ばれて、ベラさんは殺人犯として逮捕されてしまいました。

そこへ、どこからともなく現れて、さりげなく助けに入ったベムさん。

しかし、ある女(真犯人)の嘘の証言により、ベムさんにも疑惑の目が向けられるのです。

問題はここからです。

ひきこ森のどどこ:画像

ひきこ森のどどこ:画像

ひきこ森のどどこ:画像

ひきこ森のどどこ:画像

帽子をとる前でも、気になるところはいろいろあると思うんですよ。

黒目がないとか、キバが出ているとか、指が3本だとか。

でもね、帽子をとった途端に「怪しいヤツ」って……まるで

つるっぱげ=怪しいヤツ

みたいじゃないですか?

今の世の中、ちょっとしたことでも批判されたりするのに、このお話が無修正で放送されたことに驚きました。

そして、世の中の薄毛男性の懐の深さに、勝手に感動しているのです。

第16話「山荘の妖鬼」というお話です。

気になるかたは、レンタルショップで探してみてくださいね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

r2_00449 【中古】【VHSビデオ】妖怪人間ベム(4) [VHS] [VHS] [1996]
価格:3500円(税込、送料別) (2018/3/6時点)

——————————————————

今日も最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加しています!

コミックエッセイカテゴリー:26位/177人中(2018年03月05日現在)

いつもポチしてくださるあなた、本当にありがとうございます。

初めましてのあなた、記念にポチしてくださると嬉しいです。

↓↓↓↓↓

更新したら、すぐにお知らせするよ!

よかったら Facebookページもフォローしてください♡

運が開けるかもしれない(笑)LINEスタンプ発売中です。

Lineスタンプはこちら

スポンサーリンク
広告336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336




error: Content is protected !!