【いが旅】忍者に会いに三重県へー準備編ー

こんにちは。さんぼんがわ どどこ です。

先日、母と娘とわたしの3人で、三重県伊賀市に行ってきました。

三重県の観光地ときいて、わたしが真っ先に思い浮かべるのは伊勢志摩です。

できれば伊勢志摩方面に行きたかったです。

それがなぜ伊賀市なのか?

「忍者博物館に行きたい」という母の希望です。

なぜ忍者なのか?

もしかしたら母は、ひそかに忍者に憧れていたのかもしれません。

幼い男の子が戦隊ヒーローに憧れるように。

ひきこ森のどどこ:画像

さて、伊賀市についてまったく知識のないわたしは、効率良く巡るために情報収集を始めました。

脚を悪くしている高齢の母を思うと、電車ではなく車で移動したほうが良さそうです。

忍者博物館とはどんなところなのか、その他の観光名所にはどんなものがあるか。

また、伊賀市までどうやって行けばよいのか、宿泊先はどこにするか。

調べることはたくさんあります。

まずは宿泊先です。

宿泊先の予約サイトって、たくさんありますね。

わたしは楽天ユーザーなので、ポイントが利用できる 楽天トラベル を利用しています。

条件で検索し、利用者の口コミを参考にし、いくつかの候補を絞り込みました。

そうして悩んだ結果、予約したのが 旅館 薫楽荘 です。

宿泊費がひとり4,000円(食事なし)と格安なのも魅力ですが、なんといっても目を惹いたのが、過去に利用された方々の評価の高さです。

また、文化財に指定されているということにも興味がわきました。

文化遺産オンライン:旅館 薫楽荘 本館

明治時代の建物を見学することはあっても、宿泊するという機会はあまりないような気がします。

「ごはんが美味しい」という口コミも多かったので、朝食と夕食を別途予約しました。

ドキドキワクワクです!

さらに伊賀市の情報収集を進めると、三重県観光連盟公式サイト「観光三重」にたどり着きました。

このサイトはかなり充実していて、とても参考になります!

特にモデルコースの紹介は、わたしのようにその土地をよく知らない場合には、とてもありがたい情報です。

なかでも目を惹いたのが「みえ食旅パスポート」の存在でした。

これを提示すれば、三重県内の提携している施設で優待を受けられるのだそうです。

もちろん今回お目当ての「忍者博物館」の割引クーポンも含まれています。

これはぜひとも入手しておきたい!

「みえ食旅パスポート」は、三重県内(ほか東京・大阪で1カ所ずつ)で配布されています。

サイト内の「お取り寄せ」ボタンから申し込めば自宅まで郵送してくれるようですが、旅行予定日まで1週間ほどしかなかったため、移動中に入手することにしました。

三重県に入れば、あちこちに配布場所があります。

サービスを受けられる施設は約700軒だそうです。

ふと立ち寄ったカフェでも利用できるかもしれないので、早めに手に入れたほうがお得かもしれません。

わたしたちは、お昼ごはんを食べるために立ち寄った東名阪自動車道の御在所サービスエリアでGETしました!

文庫本をひとまわり小さくしたくらいの大きさです。

スタンプをためると、三重県の特産品がもらえる懸賞に応募できるそうですよー。

つづきます。

——————————————————

今日も最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加しています!

コミックエッセイカテゴリー:51位/173人中(2018年05月21日現在)

いつもポチしてくださるあなた、本当にありがとうございます。

初めましてのあなた、記念にポチしてくださると嬉しいです。

↓↓↓↓↓

運が開けるかもしれない(笑)LINEスタンプ発売中です。

Lineスタンプはこちら

スポンサーリンク
広告336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336




error: Content is protected !!