【いが旅】忍者に会いに三重県へー人情編ー

こんにちは。さんぼんがわ どどこ です。

母と娘とわたしの3人で巡る、三重県伊賀市の旅行記【人情編】です。

伊賀の町を歩いていて感じたのは、「親切な人が多い」ということでした。

町なかで、地図を広げて方向を確認していたら、スリーター(リヤカー付き自転車)配達中のクロネコヤマトの女性がスッと近づいてきて

「大丈夫ですか?」

と、声をかけてくれました。

上野公園では、杖をつきながら石段を上っていた母に

「あちらに少し歩きやすい道がありますよ。」

と教えてくれた、地元の人らしきご婦人がいました。

ひきこ森のどどこ:画像

↓↓↓ 拡大

ひきこ森のどどこ:画像

休憩に寄ったカフェで次に行く目的地の場所を尋ねたところ、常連さんも交えて(!)丁寧に道順を教えてくれました。

お土産を選んでいた娘が、ふとつぶやいた言葉に

ひきこ森のどどこ:画像

ひきこ森のどどこ:画像

と、答えてくれたおじいちゃんもいました。

ひきこ森のどどこ:画像

「かたやき」って、忍者のおやつだった食べものだとか。

むちゃくちゃ硬いらしいので、食べる勇気が出ませんでした。( ;∀;)

たまたま優しい人ばかりに出会ったのかもしれません。

でも、こうして立て続けに親切を受けると、町の人みんなが良い人に思えてきます。

おかげさまで、思い出すたびに気持ちがほっこりする良い旅になりました。

ありがとうございます。

三重県伊賀市の旅行記【準備編】

三重県伊賀市の旅行記【散策編】

三重県伊賀市の旅行記【宿泊編】

三重県伊賀市の旅行記【忍者編】

これから伊賀へ行く予定がある人に、なにかの参考になれば幸いです。

——————————————————

今日も最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加しています!

コミックエッセイカテゴリー:49位/171人中(2018年06月08日現在)

いつもポチしてくださるあなた、本当にありがとうございます。

初めましてのあなた、記念にポチしてくださると嬉しいです。

↓↓↓↓↓

運が開けるかもしれない(笑)LINEスタンプ発売中です。

Lineスタンプはこちら

スポンサーリンク
広告336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336




error: Content is protected !!